塾講師になるためには

塾講師になりたい

塾の講師になりたいという人たちはどのような方法をとっているのでしょうか。塾の講師って家庭教師とはやっぱり違うもののようです。今、塾に通うというのは当たり前の流れになりつつあります。ここには塾需要もあり、塾講師として仕事をしようというモチベーションも決して間違いではありません。学校で大丈夫という時代では既になくなり、塾という存在は、第二の学校とも呼ぶべき存在しなったのです。

少子化により、学校の教員の採用数は減ってきているといわれます。しかし、塾の先生は全然そのような傾向とは反対です。確実に成長している分野と考えることができ、大卒者の就職先として求めるケースもとても増えています。他の企業から塾に転職するという傾向も目立つようになって来ました。今回お話しすることは、塾の講師になるためにはどうすれば良いかという方法についてです。塾の講師も教員免許は、持っているに越したことはありません。しかし学校の先生になる訳でもありませんので、絶対にそのような資格が必要ということではありません。 大学を卒業したレベルであり、5科目(国語数学理科社会英語)の中で教えられるものがあれば、講師の資格は存在します。

実際に、講師には、学歴も優位になることはあると言いますが、いい大学を出ているから、講師に向いているということではなくて、やっぱり本人次第の問題ではないでしょうか。講師に大事なのは、本人の適性や資質、そして努力です。